調べてみた

(2022年版)楽天市場の過去の購入・利用総額をパソコンのGoogle Chromeで調べる方法

buysum-rakuten2022
森田ユウゴ

今まで楽天でどのくらい購入してきたのだろう…

インターネット通販が日常になった2022年、ふと気になりました。

私はこれまでAmazonで400万円近く使ってきた元浪費家です。

楽天は2007年から使っているので、購入の総額を調べてみることにしました。

楽天市場の過去の購入・利用総額を調べる手順

一つ一つ購入履歴から計算してもいいのですが、面倒くさい計算はコンピュータに任せるのが一番です。

先人の知恵をもとに、集計をしていきます。

調べる方法は簡単に次の通りです。

  1. 楽天市場の購入履歴にアクセス
  2. GitHubでコードをコピーするhttps://gist.github.com/kantan2015/cc195b13d8e637dcf043#file-aitter_rakuten-js
  3. F12でConsoleに貼り付け
  4. 年を入力して実行
  5. 結果が出力される

上記で理解できる方はすぐに実行できると思います。

ここからは、これらの手順をもう少し詳しく解説いたします。

前提条件
  • 本手順はパソコンでのみ可能です
  • 仕組み上Macでも実行が可能ですが、マジナライフでは動作確認をしておりません
  • 手順は2022年5月15日時点の方法です。今後の各種アップデートにより動かない場合があるのであらかじめご了承ください

楽天市場の購入履歴ページにアクセス

次にブラウザでプログラムの実行をします。

今回、私が使用しているブラウザはGoogle Chromeです。
それ以外のブラウザでは実行を確認できていません。

まず、Google Chromeで楽天市場の「購入履歴一覧」ページにアクセスします。

ログインをしていなければログイン画面を経由して、以下のような画面にアクセスできます。

buysum-rakuten2022-02
森田ユウゴ

最後の購入は3月5日でカラスミだった…。

Amazon派の私はもう2か月以上購入していないのですね。

GitHubでコードをコピーする

まず初めに自動で集計をしてくれるプログラムをコピーします。

コードの信頼性を当ブログでは担保できません!

自身で問題ないと判断した場合にのみご利用ください。

例えばリンク先のコードが、私の記事投稿後に改変され、データをアップする仕組みになっている可能性も0ではありません。とにかくご自身の判断でお願いします!

今回利用するのは下記のソースコードです。

https://gist.github.com/kantan2015/cc195b13d8e637dcf043#file-aitter_rakuten-js

こちらのURLにアクセスして、「Raw」をクリックします。

Rawをクリックするとプログラムが書かれているページにアクセスできます。

その画面で「Ctrl + A」を押して全選択、「Ctrl + C」を押してコピーをします。

これでプログラム実行の準備完了です。

Consoleでソースコードの実行

楽天市場の購入履歴一覧タブを開きます。

Google ChromeでWindowsの場合は”F12″キー、Macの場合は[表示]→[開発/管理]→[デベロッパーツール]の順にクリックします。

ブラウザの右側にそれっぽい画面が出たら成功です。

buysum-rakuten2022-03

この画面を「Console(コンソール)」と呼びます。

コンソールにGitHubでCtrl + Cを押してコピーしたソースコードを張り付けてEnterキーを押します。

buysum-rakuten2022-04

ブラウザに「何年分の注文を集計しますか?」と表示されます。

この数字部分に、任意の数字を半角4桁で入れて「OK」をクリックします。

森田ユウゴ

私は一番初めに購入している”2007″を入力してみました。

少し待つとポップアップが出てきます!

buysum-rakuten2022-06
森田ユウゴ

2007年は129,447円購入している!

このように簡単に集計をすることが可能です。

全ての年をまとめて集計には対応していないので、年ごとに実行をする必要があります。

私の楽天市場での購入履歴(年別)

元浪費家が年ごとにどのくらい購入してきたのか晒します…。

購入金額
2007年129,447円
2008年91,346円
2009年10,696円
2010年0円
2011年8,149円
2012年28,477円
2013年95,250円
2014年162,283円
2015年153,261円
2016年305,797円
2017年80,032円
2018年71,427円
2019年167,000円
2020年20,934円
2021年94,662円
2022年(5月15日まで)1,613円
合計1,418,761円
森田ユウゴ

2007年から2022年5月までの合計は「1,418,761円」でした!

2007年~2021年の間で平均すると、年に10万円は楽天で購入しているということですね。

Amazonユーザーと自覚していただけに、意外と使っているという印象でした…。

Amazonの使い初めである2010年は0円というのも驚きです。

ちなみに思い当たる最も高額な商品は、自宅用ドームサウナです。


さいごに

この記事ではブラウザのコンソール機能を利用して、楽天市場の過去の購入履歴を集計する方法をご紹介いたしました。

途中でも記載しておりますが、プログラムの実行は自己責任でお願いします!

楽天で150万円近く使ってきた私の、商品レビュー記事もぜひご覧ください!

森田ユウゴ

マジナライフの森田ユウゴです!

当ブログでは「それもっと早く知りたかった」と言いたくなる商品やサービスをご紹介しております!

買い物を2007年には、店頭よりネット通販に移行した30代男性。これまで、楽天市場・Amazonで総額600万円近く使ってきました。
ネット通販で、普通にモノを買う「一般人視点」での情報を発信しています!

最新の投稿に関する情報は「Twitter@majinalife_blog」で行っております。ご意見・コメントなどもぜひご連絡ください!

now
今はこの記事を見ておけばOK!マジナライフの記事まとめ 森田ユウゴ 当ブログにアクセスいただきありがとうございます! マジナライフでは商品購入やサービス購入を中心に、各種情報の調査・...
「英語は全く分からないし、今更勉強しても遅い…」と
諦めていませんか?

あなたは「英語は全く分からないし、今更勉強しても遅い…」と諦めていませんか?

もしかして「Do you~とか、基本文法は分かるよ?」と自分を評価していませんか?

きっと、英語の勉強を始めると三日坊主になりがち。

たぶんTOEICは200~300点台で誰にも評価されない。

英語を0から学ぶ人は「プライド」を捨てて、「A、B、C、D…」というアルファベットから学んでみませんか?

中学生が学び始める基礎から勉強すれば「たった2ヶ月」でTOEICの点数が200点アップするかも。

森田ユウゴ

実は私の実体験です!

TOEICの点数が200点という英語力が0の私が、社会人になってからたった2か月でTOEICの点数を450点まで上げた「スタディサプリ」を次の記事でご紹介しています!

studysapuri01
英語力0の社会人が「スタディサプリ 中学講座」を活用して、2ヶ月でTOEICを450点まで伸ばした方法英語が何もわからない大人の社会人がスタディサプリ「中学・高校講座」を使ってTOEICを200点から450点まで2ヶ月で伸ばした方法をご紹介いたします。英語初心者必見です!...

ここまで読んでいただきありがとうございます!

英語が全く分からない大人は、自分が何を分からないか理解できていないので高額な費用を払って個別指導を受けがち

中学英語を理解出来ないと、それ以降の学習が正直難しいです。

体系的に基礎から学んで最低限は英語を分かるオトナを目指しませんか?

\\まずは14日間の無料体験!!//

14日間あればきっと中学1年生の範囲は終えられるはず。
基礎を体系的に学んでいけば、あなたの分からない部分が分かるかも!